●視覚障害者向け『防災セミナー』開催のお知らせ
 ◆いのちを守る−減災と応急手当◆〜講演と実技〜

役員 佐藤 孝 

 今年も各地で大災害が発生しています。6月に大阪北部地震、7月には西日本豪雨です。発生すると尊い人命が失われ、復旧・ 復興に多くの時間と労力を要します。  さて、皆様は日頃の防災・減災についての関心は持たれていますか?  言うまでもなく災害はいつ、どこで発生するのかが分かりません。そのため、日ごろの準備や意識が大切となります。我々のよ うに目に障害をもつ立場であっても、防災・減災の知識を学ぶことにより、自らの命を守ることができます。  そこで、講師に、赤十字で救急法の指導をされ東日本大震災の現場にも行かれた白崎さんにお願いし、目の不自由な私たちが日 常すべき準備と、いざというときに役立つ救急法の実技を体験したいと思います。  実技があるため定員数が限られますので、ご興味のある方は早めにお申し込み下さい。ご家族での参加も良いと思います。

【テーマ
】見えない・見えにくい人の命を守る−減災と応急手当
 講演と実技(気道確保、AED、心臓マッサージ他)

 講師:白崎 正彦(しろさき まさひこ)氏
    ※当会支援幹事、JRPS支援理事、元日本赤十字社職員、
     元ライトセンター所長
 日時:10月20日(土)12時30分〜16時
 場所:神奈川県ライトセンター(第一講習室)
     横浜市旭区二俣川1−80−2
 (電話)045−364−0023
 (URL)http://www.kanagawalc.org/
 定員:60名 参加費無料
 申込先:佐藤 孝
     連絡フォーム こちらのフォームからご連絡下さい。

**このセミナーは「NHK歳末たすけあい」の配分金により開催します**